あのcongiroが、酒と旅と○○を大いに語る!ブログ!超

酒と旅と散歩とか日々のブログです(毎日更新の毎日更新しないブログです)

成政 道高良造(生酒 純米無濾過原酒):堂々たる存在感のロック酒


富山県南砺市の成政酒造が造る日本酒ですな。
ちょっと保管ミスでラベルがかなりよろしくない事になってるけど、ま気にすんなや。


この道高良造って名称だけど、もともと黄桜に居た杜氏さんの名前ですな。
俺は杜氏さんの流派とか名前とか知らんけど、酒屋でもらった印刷物には但馬杜氏と書いてあった。


「ロックして飲むことが前提の酒だから、氷浮かべて飲んで!」とのことで。
俺はあんまりこの手の酒は飲まないんだけど、俺が無条件に信奉する酒屋の言う事だから、
物は試しに買ってみましょうということで。



んで、氷浮かべてチビチビ飲んでたんだけど、いやホントこれ美味くてさ。
薫りの立つ酒というよりは、割とどっしりした濃醇な感じでね。


最初は飲み慣れないジャンルであることもあって、う〜ん、どんなもんやろ?って思ったけど、
何度か飲んでるとどんどん美味さを感じるようになってきた。
とにかく落ち着いて夜長に本など読みながらチビチビやるとイイ感じでね。
氷が解けて超薄ーくなってもまだうまい。
色々計算して造ってあるんだろうね。
うっすらした薫りとどっしりした味わいの中にある渋味が良い感じでアクセントになってる。


とにかくこの堂々とした味わいは素晴らしい!
最高の完成度ですな。



ちなみに、そのままでも飲んでみたけど、えらく濃かった。
やはりロックに合わせて造られてる模様。