あのcongiroが、酒と旅と○○を大いに語る!ブログ!超

酒と旅と散歩とか日々のブログです(毎日更新の毎日更新しないブログです)

まんさくの花 三年熟成生もと純米酒:美味しいけど全ての表示と異なる感じっすな


秋田県横手市の日の丸醸造株式会社が造る日本酒ですな。


まんさくの花は以前にも書いた。
http://d.hatena.ne.jp/congiro/20110804/1312440421
『がっこ』はまだ残ってるから、較べ飲みせにゃならんですな。



裏のラベルはこんな感じ。

『3年熟成・生もと純米生詰原酒』とありますな。
これだけパッと見るとなんかマニアックな酒なんかいな?って思ってしまう。
だけど…。


そして、頑固っぽさを示しているかのようなデザイン

だけど…。


3年熟成って言っても、そんな熟成感が強いわけでもない。
生もとって言っても、なんかガッツリした酸味や渋味があるわけでもない。
原酒って言っても、アルコール度が高かったり、アルコール感が強いわけでもない。


ラベルのスペックやデザインで見るような頑固な酒って感じでは全くないと思う。
結構フルーティーな感じで、燗じゃなくてもOKな酒っすな。


冷たくして飲んだり、常温で飲んだり、燗して飲んだり、どの温度帯でもいける。
「燗で美味い」ってあるけど、どの温度帯も安定した感じなんで、楽でええっすな。


ん〜、これ、ワリと取っつき易い系の味なんで、ラベル変えた方がいいんじゃなかろうか?
なんともミスマッチな感じがせんでもないような???
でも俺、単純にこのラベルの黄色は好きだな〜。



んで、フルーチーって上で述べたけんだけど、俺はイチゴっぽいな〜って思った。
マイワイフはメロンの皮付近っぽいってさ!
褒めてるのにそう聞こえないあたりが素晴らしいです。