あのcongiroが、酒と旅と○○を大いに語る!ブログ!超

酒と旅と散歩とか日々のブログです(毎日更新の毎日更新しないブログです)

久住千羽鶴 山廃造り 純米酒:生もとより若干…?


昨日紹介した千羽鶴の山廃スペックですな。
生もととの違いはどうか?


ん〜。

正直に言うと、そこまで変わらない。
違いはあるっちゃあるけど、数日跨いで飲んだら当てる自信は無い。
山廃の方が渋味等がある気がするような?
太さはこっちが上かもしれない。
酸味の乗り具合はあちらが上かもしれない。
これは良し悪しが決まるようなレベルではなくて、単純に好みになってくるかな〜。


山廃の方が若干渋味があると書いたが、
これが放置することで増幅するようだと、結構好みの分かれる酒になるのかもしれないな。


で、どっちが好きかといえば生もとかもしれない。
微妙な差でしかないけど。
あ、ちなみに山廃のコレも美味しいよ。


どっちの酒も変な癖や鈍重さが無いのよね。
その辺が田舎酒を思わせない要因の一つではあるんだよなー。


こうなってくると、山廃や生もと以外のやつも飲んでみたいものだな。
現地の人は上撰をメインに飲んでると思うので、また大分に行く機会があったら買ってみたい。




あと、生もとも山廃も何となくだけど、開封してからの変化が早いような気がせんでもないな〜。
とりあえず、日にちを置いて追記する予定。