あのcongiroが、酒と旅と○○を大いに語る!ブログ!超

酒と旅と散歩とか日々のブログです(毎日更新の毎日更新しないブログです)

金冠黒松 協会八號酵母(協会八号酵母):俺、久々の大絶賛!マニアのための日常酒


山口県岩国市は村重酒造の造るお酒ですな。
まずはラベルを見てもらおう。
名前に協会八號酵母とうたっているよね。まさにそれがウリの日本酒だ。
「号」の字を旧字体の「號」で書かれるとちょっとカッコイイな。


さて飲んでみましょう。
これね、ヒヤだとそこまでピンとはこないのだけどね(いや、ヒヤでもぜんぜんイケる)。
だがしかしコレ系をそこそこ飲んでる人は「確実に燗だろ!」って思うだろう。
潜在的な伸びをヒヤの時点で確信しちゃうような酒ですよ。
試飲したときもヒヤだったんだけど、こいつはヤクいぜ!と思って買ったわけですよ。


で、燗にして飲むのだが…。
〜〜〜〜〜ッ!これはイイッ!
この味はマニア向けであることは否定しない。
だけど、マニアにとってこれはかなりのモンじゃねーか?
この酸味がさ!



竹鶴雄町(酸味一体)とか香取80、90とかだと、
メーターを平気で振り切るような強いインパクトがあって毎日飲む感じじゃないけど、
これはインパクトがあるのにそのバランスのせいかスッキリしてて日常酒として完璧にイケる。


インパクトを保ちつつ、引っかかりもなくスルスルいける酒って結構珍しいと思うのだが、
それは恐らく(ボディが野武士のような竹鶴や、野生児のような香取とは違い)、
芯がシャープなところにこの酸が効いてるからだろうな。
さしづめこいつは癖のあるデキる現代のビジネスマンという感じだろうか。
向いてる先は3つとも似通ってるのだが、本体が違うという感じだねー。
なんつーか、WORLD ORDER須藤元気にCMやってほしい感じの酒だ。



いや、これは旨いよ。
何でこれがほぼ無名なのか?ってレベルだよ。
俺が知ってる限りだと、これを都内で扱ってるの2軒くらいだと思う。
もっとこういうのを紹介してほしいもんだよな。
まぁもちろん、誰も知らないってのが評価の上乗せになってるのも否定しないけどな。


それにこれ、2000円切ってるからね。(一升瓶で\1890)
この味でだよ!


ワイフも久々の大絶賛。
これは超リピート確定で、しかも今年の日常酒ランキング俺ベスト3に確実に入る。
(もう11月中旬だから間違いないな)
恐らくこいつは熟成にも耐えうるはずなので、もう数本買ってほっときたいと思ってる。


安くて旨い。
こういうものを造ってくれた村重酒造には大感謝だーぜー!


もう一回褒めとく


こいつはまじでうめー!





褒めちぎったけど、薫り高き吟醸系専門の御仁はあえて飲まんでもいいと思うよ。
方向性が全く違うからね。好きな人だけドゾ。