あのcongiroが、酒と旅と○○を大いに語る!ブログ!超

酒と旅と散歩とか日々のブログです(毎日更新の毎日更新しないブログです)

本州一 夏吟:特徴なし


広島は梅田酒造場の造っている夏用日本酒。
夏用日本酒ってのも変な話だな。


んー、なんつーか薄い。特徴が無い。
味わい薄いというか、まるで加水が多い酒という感じ。
実際アルコール度が低いってワケじゃなくて、醸造アルコールで味を薄めてる。
(味を調整とはいわず、味を薄めているとあえて書く)




俺は本州一の酒を飲むのがこれが初めてなので、
これをもって評価してはイカンと思うのだけどな。


なんと評価すればいいのか。
まずくは無いのだけど、良い評価が出来ないな。
変な言い方だが、バランスよく特徴を取り去った酒とでも言うか。



好みに合わない酒は買わなきゃいい話なんだがな。
と言っても、試飲できなきゃ判断する術も無いわけで。



ちなみにこれ呉の山城屋って酒屋で超プッシュされたので買った。


俺が伝えたのは、
「広島の酒で、ドンとしてて、あまり削ってなくて、燗に合うやつ」だったんだがな。
俺の言葉を聞いてこれ持ってきたなら、まぁダメだろ。
俺の言葉を聞かずこれ持ってきたなら、まぁまぁダメだな。
あまり聞いてない風だったので後者だけどな。
「広島」って以外は合致してないな。



レギュラー飲まずして蔵の評価は出来ないけど、
これに至っては俺向けじゃないな。
俺は賭けに負けたのだ!


だから不満は無いよ。
こういうこともあるのだ。