あのcongiroが、酒と旅と○○を大いに語る!ブログ!超

酒と旅と散歩とか日々のブログです(毎日更新の毎日更新しないブログです)

まんさくの花 がっこ 純米酒:いろいろ楽でいいぞ


まんさくの花で有名な日の丸醸造の日本酒ですな。
表ラベルは純米酒ってあるけど、正確には純米原酒。(どっちでもいいか)


んで、これは5/27の日記で褒めたやつでもある。
これ、いぶりがっこがおまけについてきてたのよ。
だからいぶりがっこに合う酒なのよね?と解釈して飲んでみた。




えーと、これはいぶりがっこと言わず何にでも合うと思われます。
甘みも辛みもあってそのままコップに入れて飲むのが合うような、そんな気楽な酒だね。



燗をすると酸味がちょっと隠れてそれ以外の部分が前面に立つ。
で、この酒は酸味の具合がヒヤでちょうど良いので、ヒヤが一番いいんじゃないかな。
楽っていうのはそういう意味だな。
特にこの季節のヒヤは30度前後なので、温度的にもちょうど良かったりしてな。
フタ開けて適当なコップに入れて漬物食いながら飲んで。
そんなのが本当に合うような日常酒ですな。


ラベルも気安い感じだし、いぶりがっこのおまけがある事で手に取りやすいし、
こういうのがもっと増えると門戸が開くきっかけになるんじゃないかなー、と思ったりする。
この手の売り方も褒めたいし、味が日常的に良い感じの飲みやすさなのも褒めたいね。
これが定番商品でないなら是非定番化して欲しいところである。