あのcongiroが、酒と旅と○○を大いに語る!ブログ!超

酒と旅と散歩とか日々のブログです(毎日更新の毎日更新しないブログです)

「日本酒のこと知らないんだけど何買えばいいの?」って人にどんな酒を薦めるか?

タイトル通りなんだがね。
所謂、自称初心者の人が、俺に対して
「私、お酒のこと知らないんだけど、どんなの買えばいいと思う?」って、
聞いてきた時に、”今の俺だったら”何と答えるだろうか?ってのを妄想してみた。


まず、前提として四号瓶で買えるものしか薦めないだろうな〜。
ってことで、四号瓶があるやつ。(まぁ、今はたいてい有るか)
そんで、割りかし手に入り易いやつを薦めるだろうな〜。
で、たいてい失敗しなさそうなやつ。


って言ったら…。


獺祭 純米大吟醸50



結局、こういう答えになっちゃうのか…。







手に入りやすいとか無視していいのなら、
(日本酒に興味のない)姉と母が喜んで飲んだ実績があり、俺も美味いと思った…


会津七賢天の戸


この辺の純米吟醸を推したいところ。
「通年買えて」
「蔵の特徴があり」
「奇抜なところが無く」
「メシ食いながら飲めて」
「分かりやすい綺麗なやつ」
俺が近年飲んだ中では、上に挙げた3つがこれらの条件を安定して満たしてたのでな。


上記銘柄でなかったとしても、一番薦めやすいのは純米吟醸かなって思う。
純米大吟醸は高い事が多いし、純米は単純に難しい。
純米吟醸は値段的にもそこまで高くないし、
万人にって意味では一番向いてるんじゃないかと。


また、純米系じゃなきゃダメかっていうと、そんなことは全くない。
単純に「吟醸」ってより「純米吟醸」って書いてある方がカッコいいかな〜?とか、
飲んだときのアルコール感がちょっとでも低めの方が良いかなとかそのくらい。


そのほかに大事なのは、肩書きの多い銘柄は薦めないってことだな。
例えば…
「無濾過」「原酒」「生もとor山廃」「熟成」「荒走りor責め」「○○仕込」
とかの文字が組み合わさってるようなヤツだね。
俺の印象だと、肩書きのある物はマニアックなものが多いような気がしている。
「熟成無濾過山廃生原酒」みたいな書きかたしてる酒って、
ホントにマニアだけ買ってりゃいいんじゃないのって感じの多いからね〜。


だから単純に、
「商品名+純米吟醸酒(+米名、精米歩合)」
程度のシンプルな表記のモノしか薦めないと思う。
単純表記のヤツは企画物や季節物じゃなくて基本的にレギュラーだからな。




ちなみにこれは「今の俺だったら」ってのがポイント。
来年になったら答えが変わってるかもしれん。
今の俺2011年バージョンだが、このブログを来年も続けてたらまた書いてみるかも。



最後に、
「むしろ飲めなくていいから人を選ぶやつ教えろ!」って言われたら
香取、死神、山吹極、白影泉あたりを推すかな。