あのcongiroが、酒と旅と○○を大いに語る!ブログ!超

酒と旅と散歩とか日々のブログです(毎日更新の毎日更新しないブログ)

醍醐のしずく:これよりインパクトのある酒を探すのは難しい

満を持しての登場!
ザ・寺田本家!
醍醐のしずく

色も香りも味も、おおよそ一般的な日本酒とはかけ離れすぎている。
雑味はスゲーわ酸味はスゲーわで、評価しようと思ってもいい言葉が出てこない。
とにかくきったない酒だと思う。


今まで寺田の酒を旨いとは思ったことは一度も無いのだけど、
好きか嫌いかで言えば確実に好きなのだ。
甘みとか一切無い雑味と酸味。
こういう日本酒があっても良いだろう。
何派にも属さない。そんな無頼な酒だったりする。


味は、例えるなら…
グレープフルーツジュースに水分切った辛目の大根おろしと糠を入れたような感じ。
どうだ?これ聞いて飲みたいと思う人は殆ど居ないだろ?


そんで、食い物もかなり限定される。
鮒寿司のようななれ寿司とかちょっと高級な香りも味も濃厚なチーズとか。
とりあえず醗酵食品とのマッチングは良いと思う。というかそれしか合わない。




ただ唯一、日本酒嫌いだけどワインは好きって人には好かれる傾向にある。
ワインとは味わいは違うんだけど、ベクトルはとても似ている。


俺が寺田を飲む日は決まっていて
『前日にまずい酒をのんだ翌日にリハビリとしていただく』そんな感じ。
これを飲んだ後に他のどんな酒を飲んでもたいてい印象が薄くなるので、
飲むならこれを最後にするか、前もってこれ一本って決めといた方がいい。


ちなみに売ってるこれを扱ってる酒屋はオーガニック傾向にあるところが多い。
一般的な店ではまず見ないと思う。
だって売れないし…。


でも何故か女性支持はかなり高い酒だったりする。


ひそかにリピート酒。