あのcongiroが、酒と旅と○○を大いに語る!ブログ!超

酒と旅と散歩とか日々のブログです(毎日更新の毎日更新しないブログ)

日常:ダイヤ菊、ノーインパクトなのでいつまででも飲めるのが普通酒の醍醐味ですな

f:id:congiro:20191030223653j:plain

まぁそういうわけなんですよ。
先日分までのエントリは後日、かなり後日にアップされる予定なので忘れるくらいの勢いで待っとってくれや。

 

【ひとりごと】

congiroさん、去年と今年で日本酒の記事を寄稿したじゃないですか。
そういう実績を作ると立て続けに依頼が来るもので、実はまた来たんですけど断ったんですよ。
理由は単純に俺が書けない制限がついたから。
記事の依頼っつーのはクライアントがあって初めて成り立つもので、やっぱそのクライアントの意向にはある程度、というかかなり沿わにゃいかんわけですよ。
んで、最初と2回目の記事に関しては編集はバリバリ入ったものの、わりかし自由だったわけですね。だから書いてあることにウソはないわけです。
んで、新たに来たものはウソを書くわけではないんだけど、本来俺が書かない表現をしなければならなかったので、職業ライターでもない俺が自分の好きなようにできないならやる理由もねーなーと思って断ったわけです。
で、それは俺がしない表現が交じるというだけで、別に悪い表現ではないんです。
たぶん俺ブログのヘビーな読者は分かると思うけど、俺は我流だし基本的に体験をベースにしか書かないでしょ。そもそも、あらゆる文献を見てないから賢者にはなれないんだけどな。
でも、だからこそ生熟最高!火落ちは正義!とか言うわけだし。
要するに愚者なので自身の経験にしか価値を意味出さないのですよ。人の成果で学ぶのが賢者だろうけど、人の成果は俺の成果じゃないじゃない?仮に誰かが失敗してたら「ホンマかいな?」ってやってみたくなるわけですよ。その結果、「やっぱ失敗!」ってこともあるし、「あの人には失敗だけど俺には失敗ではないな」とかあるわけで。
で、ここで言うところの賢者の発言をせねばならんかったので、無理やなと思って断ったわけです。
まーでも、断ったことにちょっと後悔もあるんよ。
なんといってもテーマが界隈でも物議を醸したことがあるやつで、そしてよっぽど俺くらいしか出来ない表現が書けると思ったからね。だから完全に自由なら受けてたと思うんだけど、愚者と賢者の発言を混ぜるとたちどころに矛盾が生じるので、編集で賢者だけが残るの見えてるのよw
お前らが見たいのは愚者としての俺だろ?俺もやりたいのは愚者なんよ。

ところで、詳細を伏せて友人に話したんだけど見てくれ。

寄稿依頼きとったけど残念ながら断ったわ。制限が俺向けじゃなくてな。

どんな制限?

ザックリ言うと、要するに「一般的な内容」を求めている。

まあそうじゃないとマネタイズできんからな。

このあと滅茶苦茶ナットクした。
つまり俺にはこのチラ裏ブログがお似合いなのですw

~おわり~