日常:部屋で期限切れの芋を食べる、深夜に飲みに飛び出す

f:id:congiro:20180811100037j:plain

芋を、食べました。

 

昨年の北海道旅行のときに買っていてそのまま忘れていたやつですね。

f:id:congiro:20180811123537j:plain

賞味期限はパーフェクトに終了しておりましたが食えました。
じゃがいもなので美味しかったです。

 

そのあと、夜行列車で旅に出たかったものの、直前まで指定券のキャンセルも出なかったし、土曜にちょっとした雑用があったので諦めて家の廊下(すずしい)でマッパDeゴロンしておりました。

 

あ~、夏。
俺の夏。
こんなんでええんか?
いやよくない!

 

今から飲みに行くんや!
23:30でした。

 

某所から緊急招集をかけ、飲みに行きました。
もうこの時点でナンピトたりとも帰れません。

 

そしてうだうだと飲み続けてAM3:30。
そろそろと街も終焉を迎えておりました。


「貴族、良いね」
「ああ…いい…」

お互いに初貴族でした。

 

貴族の洗礼を

f:id:congiro:20180811095756j:plain

 

貴族であるために

f:id:congiro:20180811095759j:plain

 

そして貴族になる

f:id:congiro:20180811095757j:plain

 

貴族であらんことを

f:id:congiro:20180811095758j:plain

 

貴族の夜は最高でした。


ていうか、フツーに良くない?安いしネタでかいしキャベツ美味いし。
初めて入ったけど「なんで今まで行かんかったんや!」と思えるフツーに良さ。


しかし急に思い立って無理な時間から飲みに行ける友の存在はとてもありがたいものですね。
そのあと解散して家に帰ったらチュンチュンタイムになっておりまして、もう家の中は激アツリーチ状態だったんですけど、「この眠気の前にはどんな暑さも無意味!」と思って寝たけど寝られませんでした。

風呂場に行ってマッパDeゴロンしました。
1時間後に体が痛くて目が覚めました。

そして今に至ります。


~おわり~