あのcongiroが、酒と旅と○○を大いに語る!ブログ!超

酒と旅と散歩とか日々のブログです(毎日更新の毎日更新しないブログ)

銀座のマデイラワインの聖地、マデイラエントラーダに行ってきたレポート!


先日、銀座のマデイラワインの聖地であるマデイラエントラーダのトークイベントに招待されましたのでそのレポートです。



まず、俺が以前、六本木で行われたマデイラワイン試飲イベに行ったことが発端です。
下の2エントリ見てちょ。
 ↓↓↓
■マデイラワイン100選試飲会に行ってきたぞ!レポート
http://d.hatena.ne.jp/congiro/20170627/1499262278
■『マデイラワインを楽しむ会』雑感と、我が國酒様に思うこと
http://d.hatena.ne.jp/congiro/20170705/1499269383



この2エントリアップしてから数日後、1通のメールが入っとったんですよ。

congiro様


いつもお世話になっております。
突然のご連絡、失礼いたします。
木下インターナショナル○○と申します。


先日はマデイラ100選試飲会にご来場いただき誠にありがとうございました。
実は先日congiro様のブログを拝見し、弊社社長・社員一同大変感動し、
ブログで取り上げていただいたことに感謝しております。


そこで、不躾なお誘いで恐縮ですが、
弊社直営のマデイラバーエントラーダにご招待させていただきたいと考えております。
8月8日(火)エントラーダにて社長・木下のトークイベントがございます。
ご都合よろしければ是非ご来店いただけますでしょうか。

マジですか!?
誘われたら基本断らないcongiroさんですので当然行きますよ!



しかし銀座で飲むのって実は初めてなんですよね。
帝里加もカウントしていいなら2回目ですが。
なもんで、それにふさわしい格好とか銀座しぐさを知りませんw
まぁなんとかなるやろ。


というわけで銀座です。ガチ銀座。

場所的にはトリバコーヒーとか金春湯の近くです。
ソワレド銀座弥生ビルというビルの地下ですね。



おっ、ここか…ちょっと緊張しますね。

ここで木下インターナショナルの木下社長とご対面!
やっべ、名刺古いのしかねーや!



入店すると即イベントが始まりました。

イベントの趣旨はこちらを見てくださいまし。

マデイラエントラーダ
http://www.kinoshita-intl.co.jp/madeiraentrada/
基本的には飲み物と食べ物が一緒に出てきて、それの紹介とトークと言った感じです。
ただこの日はちょっと特殊だったらしく、いつも満員のイベントに突然キャンセル出ちゃったらしく、その空席部分に木下社長が客席に座りました。えっ、トークは?w
トークイベントというより、木下社長とお喋り飲食イベントみたいになって、逆に近いところで話せて良かったですw ラッキーですね!
というわけで、これ以降は飲み物と食べ物の写真と、話した内容をだいたい時系列に書きます。




1.コーラルビール(コーラルレモンビール)

ビールにはちみつレモン2さじほど入れたものらしい。
美味しい!これはむしろビールという感じでは無いね〜。美味しい!
これはみんないろんなビールで試してみても面白いんじゃないかな?



【お話】
マデイラワインは木下インターナショナルが1967年に初めてインポーターとして仕入れたのだとか。
→俺が大生誕するより結構前ですね。でも一切、マデイラワインのこと知らんかった。




2.ブランディーアトランティス ロゼ2015

マデイラのベースとなるものらしい。(うろおぼえ)
果実感がすごくあるので酸味がかなり強い。グレープフルーツにフローラルな風味が乗った感じかな?
ファーストアタックで気のせいか微妙に胡麻のようなフレーバーとオイリーさを底に感じた。面白い。



【お話】
マデイラワインは基本、樽熟なのだとか。
→マデイラの特徴的な酸味と甘みは「樽熟じゃないよ!」って言われても信じそうではあるw




3.ヴィニョス バーベイト (オン・ザ・ロック オレンジピールの香り)

薬膳的な風味ある。オレンジピールを思いっきり効かせても良いらしい。
木下社長が「もっと効かせたほうがいい!」とオレンジピールを配らせていた。
サラダとの相性も良いね〜。



【お話】
マデイラは割りと料理に使われたりする。実はこれまで飲用よりも料理に使われることが多かった。レトルトカレーに入れると激変するよ!とのこと。
→やってみよう!




4.バーベイト セルシアル10年

知ってるマデイラが出てきました!
辛口タイプでドライフルーツ感ある、切れるマデイラ。
これは美味いですな!甘みはあるけど甘々ではないから甘いの苦手な人でもいける!
ワイルドな肉とは絶対の相性を感じるな〜。うまい!



【お話】
木下インターナショナルはマデイラの他、フランス、ポルトガルニュージーランド甲府のワインを扱ってるのだそう。
ロアールの自然派ワインもやってるとか。
→そこら辺は公式(http://www.kinoshita-intl.co.jp/)を見てくださいませ。




5.バーベイト ヴェルベーリョ10年

4番に比べトロミが出てくる。美味い。
コーヒーカップに入ってるのは何だったっけ?寒天状にした何か。すまん、メモ見たら「コーヒーカップ、寒天、美味い」しか書いてなかったw



【お話】
木庭酒店っていう店が薬院で角打ちやってて、そこでもマデイラ出してるとのこと。
→福岡人は薬院の木庭酒店と大名の酒屋ナカムラ行って来な!




6.バーベイト ブアル10年

4、5に比べ香りは抑えめになる。
マデイラワインとマデイラ入りカステラとのマッチング。
焦げのようなテイストとしっとりしたカステラが合う。
これ『甘い×甘い』なので、甘みが相殺された先の風味が強調される。オモロイね。



ここで木下社長によるマデイラ入りカステラトーク

「これセットにして売っったら絶対売れるよ!」と隣のお客さん。
俺もそう思った。マデイラって言っても何かわからん人多いし、どうやって飲めば良いのかわからないし。これなら「こうやって飲むのです!」って分かるし、お土産にもちょうどいい。
マデイラ側からもカステラ側からもアプローチがある可能性を考えるとこれは商品化する価値がすごくあるな〜と思った次第。
次回の六本木マデイラ100イベントのお土産これで良いんじゃないのかとも思った。宣伝にもなるし。




7.バーベイト マルヴァジア10年

甘口のマデイラ。好き。
アイスクリームと甘口マデイラの組み合わせ。
甘みと甘みでそれ以外を引き立てるというやつなので苦味が引き立って面白い。
カラメル感が風味にあるのでアイスにすごく合う。



【お話】
マデイラワインの知名度が上がるのはとても嬉しいことなんだけど、元々タマ数の多いものではないから、売れればいいというものでもないのだとか。
しっかり理解していただいた上で売れることが肝要とのこと。
→いいですね。俺もそれ聞いて分かってもらえるように伝えようって思った。




8.オールドヴィンテージ(シークレット扱い)

1850年もの!なんかムチャ高いらしい。
すごく深い味わいで、甘みは奥になりを潜める感じ。
香りが素晴らしいね。
ここではチョコレートとの組み合わせで、甘みのないチョコを深みのあるビンテージが引き立てる感じがいい。このチョコレートは日本人占い師がポルトガルで作ってるチョコレートなんだとか。
ところで木下社長のこの表情はたくらみ感があって好きです。何か思いついた大名みたいでw



【お話】
1850年ものということなのでペリーが黒船で来たときより古いとかw
このようにマデイラは古い熟成が平気で存在してるのが特徴とのこと。
ボルドーはタンニン、マデイラは酸。
元々酸化してるので長熟に平気で耐えられるとのこと。
→ペリーw 最初、六本木のイベントで1800年台のが出てるの見て半信半疑だったけど本当だったのね。
そして木下社長の好きなのはティンタネグラの1996なのだとか、俺がイベントで「一番好み!」と言ったものと一年違いw

これの左のやつ。




いや〜、たくさん飲んだしたくさん食べました。
こんなに充実した着席イベントも久々ですな。
招待までされたのに最後におみやげまで頂いてしまった。
ありがとうございます。むちゃくちゃ嬉しいです!

ところで俺のエントリの内容の何に引っかかったかって聞いたら「良いことと悪いことが書いてあった。食べ物がなくなった件の喪失感あたりは臨場感があった。」とのこと。
お恥ずかしゅうございますw



とにかく最高のイベントでした。
イベントは定期開催されているので、今度は誰か誘って参加しよう。

とにかく、マデイラワインは本当に美味しいので飲んでみるといいよ!



飲める場所については画像載っけとく。(クリックして拡大しておくれ)

公式はこれの一覧(買える店、飲める店)を載っけてほしいな〜!