2017年なつやすみ!九州帰省ツアー(その2):大分歓楽街→竹田の佐藤酒造→豊後竹田の街並み→烏嶽円形分水→出会橋・轟橋→延岡


大分に泊まったので、翌日の早朝5時起き大分歓楽街散歩モーニング!
歓楽はしていない。



大分歓楽街のようすをどうぞ。
歓楽街を抜けた先に高校があるらしく、多くの学生さんがこの通りを歩いていきました。

歓楽街の中になぜか釣具屋が。



フリィッピン
    ギャル多数

今となっては古色蒼然とした表現ではございますが、かえってパワーワード化してる感じも致しますね。



大分歓楽街の裏側です。

本来見える部分ではなかったのに向かいの建物が駐車場になったがゆえに見えてしまった現象。
それにしても手すりの部分が中々そそられますな。見えないところにもオシャレ。




歓楽街を抜けて生石港町に向かっているとちょっと気になる団地があった。
ん〜、なんか店舗なのだろうか?完全に住宅地エリアだけど…。

気になるので行ってみたけど特に店舗というわけではなさそう。いや、よく分からんが。




シューウクリーム

シューウクリーム
シューウクリーム



任せてられない系




大分、生石港町にかつてあった菡萏(かんたん)遊郭

現在は普通の住宅や事務所になってるものの、建物としては残っているものがちょいちょいある。




さて戻るか。

ホテル近くの物件。
ハットの似合う大人になりたいcongiroさんはキャップばかりかぶっています。



で、ホテルに戻り監督と合流。

監督を大分空港まで送って任務は完了でございます。




さて、これからどうすっかな?う〜ん…
千羽鶴行くか!


ほぼ流通してないので知られてないが、千羽鶴という銘柄の良い生酛純米を造っている大分県竹田市の佐藤酒造へ。

ここの次期杜氏(合ってる?)とされる佐藤くんに酒の印象など語りまくってきた。
注目して良い銘柄と思うけど、なにぶん流通しておりませんw
唯一、池袋の二豊(炉端焼き屋)では置いてあるそう。
とりあえず生酛純米を購入。
山廃の生原酒試飲分を頂いたんで、ちびちび飲んで感想を送るつもり。
どうでもいいけどお見舞いとかで千羽鶴(折り紙の方)贈る文化は全てこっちの千羽鶴に変えていただけると小生僥倖の極みです。紙より酒を送ろう!酒を。




そしてこれからどうするか。完全ノープラン。
適当に走るか…



すると豊後竹田に到着。

すげー場所に運送会社あるな…




豊後竹田駅裏、すげー場所に倉庫あるな…神社もあるぞ。

何気ない感じでこういう神社あるとクるな。
鉄道もあるし、ロケーションだけなら相当なアレなんじゃないか?アレ。

岩下火伏稲荷神社からの眺めも良いですね。



鉄分もどうぞ。



思いがけずいいものが見れてよかった。

駅も見とくか。



豊後竹田駅

裏に見える崖は岩下火伏稲荷神社があることろ。



豊後竹田の街並みも散策するか。

なるほどな〜。
う〜ん、観光地とするにはなかなか厳しいもんがあるな。
ここを積極的に選ぶ理由が遠方客には見いだせないかもしれない。
どうにかなりそうな感もかなりあるけど。




堪能したので次行くか。

そういえばここからもうちょい先に円筒分水あったよな!
グーグル先生にメモっといたのが役立つぜ!
というわけで烏嶽円形分水(円筒分水)見に行くよ!
これは完全に山の中っぽいですね!



烏嶽円形分水の入り口についた!

やはりこれは完全に山の中w
車通れないし、ブヨだかブトがいてかなりつらいぞ!
400m歩くんか…半袖短パン草履と、完全に「山を舐めるな!」案件ですな。
一応ポイズンリムーバーだけは持って歩いてますが。


歩くよ!

たかだか400mなのでそんな苦痛ではないんだけど、虫が…


おっ、そろそろか!

着いた!烏嶽円形分水!

こんな場所に作るのすげーな。
山中だし人居ないのもあってか、静謐な感じが良いですな〜。誰も来そうにない感がすごい。
写真だとよく分からんかもだけど、水はメッチャ澄んでる。さすが山水。
これは円筒分水ファンはわざわざ来てもいいかもしれないな。




さて、どうしよ。
とりあえず移動しよう。
目的無く走っていたので何処に行けばいいか迷った。
高千穂に行くっていう手もあるが、高千穂なぁ…とか考えてたら立派な橋があったのでそっち行く。

こっちの方には出会橋と轟橋ってのがあるらしい。期待は一切しないでいってみる。
というわけでそのまま走ってたらかなり立派な石橋が2つあった。
出会橋と轟橋。

なにやら日本一と日本二の石橋らしく。
何ランキングかは分からないけど、これはかなり見ごたえあるなぁ。
まわりに何もないのが更に良い。
こういうのを観光の食い物にしても「フーン」で終わっちゃうからな。
何も無いところがいい!




適当に走っていると通りかかった大分県豊後大野市清川町のまちなみ。

ぐるぐるもありますね。



鳥居があったけど前後に何もなくて何処に続いてるのかよくわからん。

しかしいい色合い。



というわけでかなりいい時間になってきた。
これから俺の体力がどこまで持つかわからんけど、今日は車中じゃなくて何処かで泊まっておきたい。
スマホとデジカメの電池も心配だしな。
調べてみると宮崎県の延岡が比較的近そう。
延岡か…そういや延岡に渋い銭湯(喜楽湯)あったよな?行くか!


目的が決まると早い。


で、到着したんだけど…ギャァァァァァ!閉まっとる…

8時までと思ってたのに7時に変更になっとる。マジか…延岡に何しに来たんや…




でも流石に力尽きたので延岡で泊まることにした。
このビジホの収容施設みたいな感じがたまりませんね。

建物は古いけど、部屋はキレイだしホスピタリティ最高の宿だった格安のビジネスホテルくどう。オススメでございます。
宿直よりもじゃらんの方が安いという謎価格設定。
まぁこのへんで飲んだくれとる人が突然入るってのがメインなんだろうな。




ビジネスホテルで「地元の人が行く店教えて!」って聞いたらニッコリしながらこちらの地鶏屋(もも屋)教えてもらいましたよ!

レア焼きの地鶏が美味い!
焼酎頼んだら一合徳利に入れてくれたけど、こういうの珍しいね!俺にはすごくありがたい。
いや〜最高やな!




飲み食い終わってせっかくなんで夜中のまち散歩でもしよう。

うむ。
戻るか。



ビジホの人にこの辺の商店街について訪ねてみたら、その殆どが商店街としての体を失ってしまったものばかりらしくて。唯一と言えるのは祇園町の方だけらしい。そうなんか。
とりあえずもう寝よう。


ぐう…



つづく