あのcongiroが、酒と旅と○○を大いに語る!ブログ!超

酒と旅と散歩とか日々のブログです(毎日更新の毎日更新しないブログ)

「豊岡劇場に映画を観に行こう!」ツアー(1日目、その3):高砂編



神戸→姫路の次は高砂駅へ。
兵庫県高砂市の高砂駅でございます。
高砂駅と言っても地元の人以外はあんま知らんと思うので地図どうぞ。


高砂駅に何しに来たかというと、銭湯と商店街です。
風呂入って商店街の写真撮ったら明石に移動してメシにしようと思ったんですけど、思いのほか見所が多くて完全に足止めくらいました。



駅前の風景をどうぞ。



敏信がすくすく育っていく姿を遠巻きに見つめるぼっくりん。



兵 庫 県 指 定 銘 菓 店



左下の『菓』のマークがイカス!



裏からどうぞ。



う〜ん、このバラック感。いい。



ブライダル都市とは。



リプライいただきました。

結婚といえば「高砂」だからね〜(^^;

なるほどわからん。




さて、目的地に行きましょう。



ええ感じですな。




駅から歩いてしばし行ったとこにある梅ケ枝湯に到着。
ってこれは!思わず甘いため息漏れたよね。Ah…



梅ケ枝湯、これはもうヤバい!何がヤバいって、もうアレがナニよ!
これもう文化財レベルじゃないですか?



いや〜、スゲーのあるもんだな。



中は撮れませんでしたがなかなかの湯でございました。満足満足。



すぐ近くの古地図です。古地図?



ところでですね、このあたりは旧国鉄高砂駅跡だったのですって!
いや、確かに謎のロータリーみたいのあって何やろ?とは思いましたが、そんな歴史まであったとは。
果たしてここに書いてある高砂駅とは旧国鉄の高砂駅なのでしょうか?次回行ったときにじっくり見てみましょう。



とても格好良い名門酒会系のお店ございました。



残念ながら開いてませんでしたが。



さらにその周辺のディスプレイです。



良いですね。




そして高砂の銀座商店街。この佇まい…



いやこれはすごいですね。素晴らしいです。



銀座商店街を歩きましょう。



この商店街は夕日が絵になりますな。



出来る 出来る
必ず出来る
やる気があれば
必ず出来る



そうですか



さらに奥へ行きましょう。



ほとんどシャッターでしたけど、雰囲気は最高です。
この商店街の中頃にもう一つ商店街交差してるんですが、それは一度出てからまた来ます。




銀座商店街を一度出て外周を歩きます。



ここにもブライダル都市の表記ございましたね。
婚礼系の店は残念ながらひとつも見ませんでしたが。



しかし高砂は商店街の看板が立派ですな。



旧国鉄の時代は相当栄えておったんでしょうな。




そしてここが先程の銀座商店街と交差している高砂センター街でございます。
これを見に来たのです。



それでは中に入ってみましょう。



次郎助町センター。
このあたりが銀座商店街と交差しとるとこですね。



ちょっと今日はエキサイティング案件多すぎますw




そんで高砂センター街入ってすぐに小南酒店があって、角打ちやってたんで入ってみたわけですけどね。これはマジで高砂再訪案件です!ハイボール最高!
おでんもニラタマも豚肉炒めも最高!そして隣に座ってたねーちゃんが話しかけてくれたんで地元情報とか教えてもらったり、思わず長居しすぎてしまいました。



小南酒店、日本酒頼んだらやたらと品揃えの良い倭小槌が出てきましてね。美味しかったですね。
昔ここに蔵があったとかで繋がりが深いのだとか。居心地良すぎて飲みすぎました。




小南酒店に居たお客のねーちゃんが「ここも良いよ!」って教えてくれた店。



次回開いてる時に行きたい。



この日は何とかムーンだったので撮りました。どうぞ。



高砂はこれで終わりなんですけど、旧国鉄高砂駅跡なども辿りたいので、年内にまた来たいと思っております。まだまだ見所ありそうな感じがする。




高砂でかなり時間使ってしまい明石で玉子焼き食べる予定が潰れてしまったのだけど、(玉子焼き的に)もう無理と思いつつ行ってみましたがやはり無理でした。



1軒、遅くまで開いてるところ実はあるんだけどね、漢字正解するとサービスある店。
10年前に行ってサービスは受けたけど、味の記憶が無いから今回はパスしておきました。



しょうがないから姫路に戻ってなんか飲むか…
と思ったけど、着いたとたん急にタンメン食べたくなったのでタンメン食べました。



美味しかったです。


食ったあと漫喫で寝た。




→2日目:寺前・和田山編に続く
http://d.hatena.ne.jp/congiro/20170612/1497590232