あのcongiroが、酒と旅と○○を大いに語る!ブログ!超

酒と旅と散歩とか日々のブログです(毎日更新の毎日更新しないブログ)

『興味のない日本酒会2016』レポート(その2)


本日は集計結果とか感想とかをやりますよ。


昨日の(その1)見てない人は見てからきなはれ
http://d.hatena.ne.jp/congiro/20160301/1456821619



最後にやった採点結果でございます。

銘柄 興味あり 興味なし
1 獺祭 純米大吟醸50 - 4
2 和田来 純米吟醸 生原酒 2 -
3 麒麟 1 -
4 GENPEI(源平)六段仕込み 特別純米 3 -
5 百十郎 赤面 1 -
6 五人娘 4 -
7 うどんに合う酒 - 2
8 タクシードライバー 2 -
9 小鼓 純米大吟醸 - 2
10 千住 特別純米 - 3
11 TOKYO STATION JUNMAI GINJO 3 4
12 越の寒梅 純米吟醸 - 1
13 川中島 辛口特純 - 2
14 真澄 YAWARAKA - 1
15 HIKOICHI(彦市) 一貫造り純米 - 3
16 やまとしずく 純米吟醸 ユキノヤマト 1 -
17 ならぬことはならぬものです 吟醸原酒 - 1
18 華やかなかおり純米酒(8年自家熟成) 1 4
19 おぎん 純米吟醸 1 3
20 小峰シロ 純米吟醸 - 6
21 石鎚 無濾過純米 槽搾り 4 -
22 どぶろく 2 -
23 郄千代 純米 - 7
24 開運 ひやづめ純米 1 -
25 翠露 4 -
26 魂を醸す(成政) 玉栄 特別純米 7 -
27 菊盛 純米吟醸 7 -
28 琵琶のさざ浪 1 -
29 燗 燗酒専用(福小町) 1 1
30 さぶろう 純米酒 - -
31 北海道新幹線開業(金滴) 純米吟醸 - 4
32 秘幻 大吟醸 1 2
橘屋 - -
本州一 2 -
別嬪 1 -

1〜6

7〜10

11〜16

17〜22

23〜26

27〜30

31〜32+α(3本)

この中から特筆すべき物をピックアップいたします。
まずは勝者、興味なしチャンピオン・興味ありチャンピオンですが、これは単純に飲まれてからの評価ですね。興味なしチャンピオンはどうしたんでしょうかね?こんな味だっけ?
興味ありチャンピオンのひとつ、菊盛は、俺これ初めて飲んだけどかなり美味かったです。


空気チャンピオンは、さぶろう 純米酒
これは誰の目にも止まらなかった、まさにキングオブ興味なし酒!これはある意味やばいです!
どっちの票も集められない酒は見た目での興味も惹かれない、味でも±どちらの意味でも興味を惹かれないという…こういうのが一番アレかもしれん。


萌酒2種ですが、意外っちゃなんだけど、結構美味かったですよ?これ美味いと言ってた人結構居た。
ただ、明らかに高すぎる。2本とも500mlで2000円くらいしますからね。リピートとか一切考えてない強気価格はコスパで見ると最悪です。
でも、これ飲んだ女性より「ラベル可愛いけど明らかにオッサンが造ったような味するよね!」って名言をいただきました。ありがとうございます。
ていうか、ほとんどの酒はオッサンが造ってるがな!
そして殆どの同人系もオッサンが造ってるがな!
オッサンが造り、オッサンが売り、オッサンが飲む!なんと美しい循環型社会!


北海道新幹線(更迭後)は、これはなんともいえない味でしたw
TOKYO STATIONは、う〜ん?味よりも埼玉県産ってのが印象深かったです。
千住もう〜ん…この印象の無さはまさに千住!と言わざるをえないといいますかw
しかしね、この手のお土産酒は、マジで造ってもらわないと困ったちゃんでございますよ?
暇な人は↓でも見といてください。
http://d.hatena.ne.jp/congiro/20141016/1413437446


というわけで最後の採点だけど、これは本来だったら会の最初(飲む前)にやった方が単純なイメージとしての印象になるので『興味ない酒』って意味では正しいんだけど、時間的に全部集まってからというわけにもいかず…
『飲んで興味をなくす』も混じるからアレだけど、得票としてはこんな感じでございました。




そしてですね、今回は各参加者にこういうアンケート書いてもらったんですよ。

クリッコで拡大できます。


それを回収しましたのがこちら。
1〜16

17〜32

これらもクリッコで拡大できますよ。


そんで、こちらが集計結果となります。

複数選択可としておりましたので、4以外は何かしら該当しておりますね。
1は今回参加するためにあえて選んで持ってきた枠と理解しているので、純粋に興味が無いかは不明でございます。
2、3、5、8、9はニュアンスは違いますけど、純粋な興味ない枠と捉えて良さそうです。
6は1とかと近いトコありますな(今回参加するため枠)。でも元からそのラベルが気に食わなかった可能性もあるから、これは興味無い枠というよりも嫌い枠に含まれるのかなと。
7は生酒嫌いとか低アル嫌いって理由なんで、過去の実績に伴う飲めない枠という感じ。


そしてこれは集計結果『10.その他』の理由でございます。

翠露は興味ある枠じゃねーのか?ってのは置いといてw
華やかなかおり(ファミマ酒)は8年自家熟成らしいけど、この会のためにみんなが興味無さそうなもの持ってきてくれたもよう。
タクドラ、千住、魂を醸すは2と同義ですね。純粋興味ない枠です。
小鼓は…いや、わかるけどw
というわけで、ニュアンス違いではあるものの、だいたい1〜9に含めて良い感じでございますね。
ただし、獺祭と川中島だけはトラウマ枠といったところ。


というわけで、今回の『興味ない酒』はだいたいこういう解釈で。

  • 純粋に興味がない
  • 存在が苦手or嫌い
  • 味が苦手or嫌い
  • トラウマ
  • てきとーチョイス

ところでこれは去年の同イベントですが…
http://d.hatena.ne.jp/congiro/20150208/1423405363
去年はどちらかと言えば自分が苦手なタイプの酒が多く集まったので、要するに俺だったらホーリー系だったり、ホーリー好きの人は熟成系持ってきてたり。
なので、正直言えば半分くらいは飲める&うまい酒が集まっておりました。


で、今回はわりと見た目で興味ないを選んでることが多くてですね。
まさに興味なしor興味すら持つこともない空気枠であろう酒が比較的多く集まったわけです。
というわけで、会の意味合いとしては練度が上がりました。


…するとどうなったか?


酒の質が低下しました!ハハハ!


練度が上がると質が下がる現象について…
いや、ぶっちゃけこの現象には笑ってしまったよw
会の趣旨が趣旨だからさもありなんというか、正しいといえるんだけどさw




【てきとうにまとめ】
・興味あり、興味なしについて
興味ありは置いといて、興味なしを多く集めたものは他のタイプの人に興味持たれていると思って良いので、アリナシどちらであっても得票が多いことは商品として正しい。
比較的実績のある名の知られた銘柄は、この会においては興味持たれてない感じはあるけど、これについてはターゲットの違い(要するに場違い)でしかないかも?実際は歴史と実績で多く売れとりますからね。今回銘柄で挙げるなら、越の寒梅・真澄・開運あたりがそれ。
本当にヤバいのは、実績がなくて得票が無い空気化しておるもの。


・空気化している酒について
(実績のない)地味なものは選ばれにくい印象
ラベルが読みづらいものは選ばれにくい印象


・今回の参加者内訳について
ご新規・リピーター(2〜3回め)・超常連がたいだい同じくらいの比率でしたかね?
男女比率は6:4か7:3(前者男性:後者女性)ってな感じでしょうか。
年齢分布は20代〜50代まで(たぶん)という感じですか。
これはイベントとしてはかなりいいバランスでございます。



【総括】
酒はアレなのが結構多かったけど、いろんな感想も聞けたし、会としてはすごく良かったし面白かったです。いや、マジで楽しゅうございました。
ご参加ありがとうございました!



〜おわり〜