あのcongiroが、酒と旅と○○を大いに語る!ブログ!超

酒と旅と散歩とか日々のブログです(毎日更新の毎日更新しないブログ)

マイサンと行く、夏の終わりの18きっぷツアー(1日目):彦根、長浜


「とうちゃんといっしょに18きっぷツアーしたい!」とマイサンが言ったので、泊まりがけのツアーをしてきた記。
ちなみに日帰りか泊まりかも選択させたが、泊まりが良いとのことなので1泊2日ツアーとなっとります。



東京駅5:20分発の東海道線にて揺られること30分。
「まだつかないの?」
「つくわけねーだろ」
「たいくつだね」
「寝てろ」
そういう会話が今後頻繁に。


そしてどこ行きたいか聞いたら「ひこにゃんに会いたい!」とのこと。
先週、先月末に引き続き彦根ですか…
まぁいいか、俺には連続でもマイサンにはそうじゃないからな。


菊川駅にてトイレ下車。
東海道本線はトイレ着いてない車両もあるからしゃーない。
予定外のタイムロス発生するも子供はシッコ我慢できんからしゃーないのや。
しかし過疎路線じゃなくてよかった…マジで。


豊橋では待ち時間が結構あったので、構内で売ってたあんまきなど。

こらなかなかケミカルな食いもんですなw

うむ
防腐剤… 着色料… 保存料…
様々な化学物質 身体によかろうハズもない
しかし
だからとて健康にいいものだけを採る
これも健全とは言い難い
毒も喰らう 栄養も喰らう
両方を共に美味いと感じ―
血肉に変える度量こそが食には肝要だ

強くなりたくば
喰らえ!!!

私め、範馬勇次郎先生の大薫陶を受けておるので、食べて強くなる所存です!パクー!



そしてやっと大垣到着。

「とうちゃんこれ乗りたい!」
それ発車するまで2時間待ちです。


ともあれ彦根到着。

ひこにゃんの居る駅で食べたい!」とのことなので…


当然こちらへ。

カレーうどん全部食べる!」→「辛くて食べられない!」
ほとんど俺が食った。


食後、ひこにゃんショーまで時間があったので、こちらへ。

一本購入。


そして彦根城で30分間のひこにゃんショー。

マイサンは楽しげだが、俺は動きのゆるやかなひこにゃんDANCEに意識が遠のく…
近くの和菓子屋でひこにゃんどら焼き購入し、彦根はこれにて完了。


さて、これよりどうしようかね?宿泊地もとってないが。
マイサンは「ホテル予約してそこ拠点にして散歩しようよ!」とのご提案。
おおマイサン、お前は正しい。そしてお子様のくせに『拠点』とか言うのか。
ていうか、行き先決まってないからホテル取れんのや。
と、ここで京都より「長浜で寿司食ってこい」との伝令。
行ったことないし、長浜行くかね。


というわけで長浜です。

おお、なかなか俺好みの街ですな。


水のある風景をどうぞ。

ええっすな。


こういう古い町並みもある。

ええですね。
そしてここで、駅の観光案内所で貰った宿泊地一覧より1軒の旅館をチョイス、予約完了!


一度旅館に荷物を置きに行ってさらに散策。

マントラ豆腐…かっこいいな。


これは何屋なのか。

中見れんかった。


そしてこちらで一本購入。

ホクホクです。


そろそろマイサンも疲れて腹減ったようなので商店街の方へ移動。


お、海洋堂ミュージアムが。

高知にあるのは知ってたが、長浜にもあったんか…知らんかった。


商店街の中・付近は洒落た店もたくさんありますな。

長浜は全体的に京都っぽい感じはあるのだけど、小京都っていうのともなんか違うな。



そして行ったのはこちら、京極寿司。

ここで地元の酒を飲んで来いと伝令を受けた故のご来店。


すると…

寿司が、寿司が…止まって見えるッ…!!!


そして、地元の酒とともに。

この酒かなりいいぞ。ちなみに六瓢箪という銘柄。
マイサンここでスリープ。


横の方がワインをごちそうしてくれた。持ち込みだそう。

これかなり旨いですな。これなら魚にも合うな。うまい。
白ワインだけど、名前通り山吹色でした。ご馳走様でした。
東京だと京橋にも売ってるとか言ってたっけ?


これにてお会計。
最後に寿司食って酒たくさん飲めたので満足でございます。
そして動かなくなったマイサンを旅館まで連れて行く作業。
しこたま食って飲んだあとにこれは何の苦行か。
汗だくで旅館に戻って風呂にドボンして眠らせる。
俺も泥のように眠れるかとおもいきや、3:30頃ふくらはぎが攣れてのたうち回って大覚醒。
そこからはあまり寝られませんでした。


つづく。