あのcongiroが、酒と旅と○○を大いに語る!ブログ!超

酒と旅と散歩とか日々のブログです(毎日更新の毎日更新しないブログ)

木戸泉 吟魂(普通酒):日常ものとしては上限のひとつ手前のふくみのある酸味がよろし


千葉県はいすみ市の木戸泉酒造が造る日本酒ですな。


普通酒にしては珍しく裏ラベルがございます。

普通酒って情報をほとんど出さないんだけど、木戸泉のこれはこだわりと自信の表れなのかもしれんね。


吟魂とな。

吟醸系なんかいな?



開ける。
う、これはすぐに俺好みと感じた。
もやっとした甘みと喉に来るアルコール感は正しく普通酒のそれ!
しかし、これはかなり味が良いではないか!
吟吟しているわけではないので、吟魂という名前はよく分からんけども。


木戸泉だけど普通酒なんでしょ?かと思いきや、逆!普通酒だけど木戸泉であった!
うむ、この酸味のちょうど良い深さ。
いつもの木戸泉の純米に比べれば特段深いわけではない。
だけど、普通酒で考えうる日常として可能なギリギリ一個前くらいの深さがある。腰洗い層くらいの深さはある。
際立った系の酸味でなく、あくまで普通酒に標準を定めた内なる酸味が良いです。


いやー、これはイイっすわ。
相当普通酒然とはしているものの、それが大丈夫ならこれは日常酒として相当なもんなんじゃないかな?
普通酒らしいそこそこっぽさが良いです。
メッチャ好きです!


例によって地元以外では絶対見ないんだけどな。