あのcongiroが、酒と旅と○○を大いに語る!ブログ!超

酒と旅と散歩とか日々のブログです(毎日更新の毎日更新しないブログ)

実家の日常(1/3:年末年始の飲み食い)


年末から1/4までの飲み食いを適当に晒しますよ。


これは年末ですな。

いつも利用している出前寿司。
この日の寿司の出来は良かった。
酒は福岡3蔵。
残心は3年かけてちびちび飲んだが、2年目が一番良かった。3年目はちょっと抜けた感じ。
真ん中は銘柄だけ復活した捌。蔵は変わった。ちなみに味もすげー変わった挙句、こいつは5〜6ヶ月のうちに火落ちしてしまった。まぁギリギリ飲める範囲ではあるけど。
喜多屋はまーフツーというか、そこら辺で適当に買った純米酒感。
ま、確かにその辺で買ったんだけどな。



これは年末の法事。

梅の花っていう、豆腐料理専門店の弁当を頼んだのだが、中身がちょっと御節っぽくて一足早く正月な感じ。


開運 純米吟醸

2004年のやつだけど、まったくヒネ無しでちょっと熟成感を上乗せしただけという綺麗な飲み口。
すげーよなー、こんだけの期間あっても本体の崩れが全然無いって。
やっぱ開運は凄い。単純なご縁起銘柄ってだけじゃない。
これがあるから人にプレゼントするのに適してるんだよな。
縁起は良いし美味いって、何もかもが素晴らしい。


御節の残りと酒の残りを持って帰ってきた。

道灌は万人向け酒質っぽいので、とりあえずは誰でも飲めそうな感じ。


羊羹と園の露

園の露は美味い。ちょっとロースト感のある米焼酎なんだけど、これがまたメシを選ばないし和菓子にジャスト。実家に置き去り焼酎だけど、年々緩やかに深くなってる気がする。
やっぱ、安定銘柄はいくつか置いとくと便利ですな。


ラーメン力

ラーメン嫌いの俺が好きなラーメンのうちの一つ。(もうひとつはりんりん)
福岡では博多ラーメンとか長浜ラーメンとか久留米ラーメンとあるけど、長浜ラーメンは元々、魚市場で働く人たちのために安く大量に塩分とカロリー摂取が可能なものだったわけですよ。
そういう流れは近年でも残っているけど、昔っぽさはずいぶんなくなってきた気がする。
ラーメン力は長浜から遠く離れた場所でやってるのだけど、当時の長浜感を残したまま美味いので、俺がわざわざ行ってまで食べてるお気に入りのラーメン屋なのでした。



うどんウエス

福岡でうどん食うなら、だいたいウエストか資さんうどんか牧のうどん抑えておけば良いです。
福岡のうどんはどれだけ日常的かが勝負です。
全部チェーン店だが、どこも素晴らしく日常性が高い。
そんで、福岡人はだいたい『どこ派』かが分かれてたりする。俺はウエスト派。
ちなみに、どこの店でもゴボウ天か丸天食っとけば良いでしょう。
この写真は姪浜のウエスト。ここはおっちゃんの揚げ技術が高くて満足でした。



ここも俺のお気に入りだ。
湯の華(スーパー銭湯)の食堂。

この手の食堂にありがちなやっつけな感じではなく、ちゃんと作ってます。
風呂上がって即飲む酒は美味い。モツ鍋も美味い。


ま、だいたいこんな感じ。