あのcongiroが、酒と旅と○○を大いに語る!ブログ!超

酒と旅と散歩とか日々のブログです(毎日更新の毎日更新しないブログ)

初代 百助 麦焼酎:秋を感じるホクホクさ具合!


大分県は日田市の井上酒造が造る本格焼酎(麦)ですな。
先日の『大分の地酒と本格焼酎を楽しむ会』で初飲みして美味かったので購入したもの。


裏ラベル

ほう、減圧とな。


味。
ぬるい温度帯のストレートがやたらと美味い。甘うま。
焼酎には『ひやおろし』てな概念はないのだけど、もしあるんだったらこれの事かもしれんなって思わせるホクホク感があるのよね。
なんだろうか、落ち葉で焼いた出来立ての焼き芋ほおばってるよなこの感覚。
そう、これ麦だけどほんわりとした芋感がかなりある。
いやー、なんか豊穣の秋を感じますな〜。
一度も落ち葉で焼き芋したことないんだけどな。


加水してガラで燗したやつもええですね。
特徴は薄れるけど、十分メシの友になるよ。
甘くてメシに合わせづらいと思う人は水とか湯で割るのが良さげっすな。


これ、裏ラベルに減圧蒸留と書いてあるのだけど、言われんかったら気づかんな。
というか、言われても俺はそんなにわからんけど。
減圧蒸留と常圧蒸留に関しては、各自ググってくれ。『減圧 常圧 焼酎』で検索するといいぞ。
んでよ、この百助、ガツンとしたクセは無いものの、特徴は凄い出ていてね、口に含んで飲み干したあとに鼻腔に広がる香りが前述のホクホクした芋感なのよ。
そしてそれが最も分かりやすいのがぬるめのストレート。
かといってストレートはがぶがぶ飲むモンでもないから、水かお湯と交互に飲むのが良さげな感じではありますな。


ところでこの百助、蔵の人曰く「(なんだかいう)賞を獲った」焼酎なのらしい。
俺は結構な確率で賞に痛い目にあってきたから訝しげに思ってたけど、これは分かる。
焼酎の分かりやすい魅力を素直に上限まで引き出した素晴らしい出来の麦焼酎ですよ。
ま、減圧の件もそうだが、麦と書かれてなかったら俺は普通に芋?芋なの?と勘違いしたかもしれん。
そういうわけで、あんまりムギムギしてないから、ムギムギガツンな御仁にはそう向かないかもしれんけどもね。


しかし、これはかなりの大ヒット焼酎ですなぁ〜。
これはほんと美味しいよ。美味しい。




【追記予定】
ロックでは飲んでないから、それについてはまた今度。