あのcongiroが、酒と旅と○○を大いに語る!ブログ!超

酒と旅と散歩とか日々のブログです(毎日更新の毎日更新しないブログ)

初代 藤市(玄米焼酎):樽感はありつつも懐かしい和室を思い起こさせる味


宮崎県は都城市の大浦酒造が造る焼酎ですな。
米焼酎で樫樽熟成という結構珍しい焼酎。


ラベルよこから

色を見ても樽熟成感がかなり出とりますな。


で、味なんだけどね。
これはまず、ちょっとばかし人を選ぶでしょうな。ちょっとばかし。
その上で言うと、俺は好物の部類です。


樽熟成によってウイスキーのそれを思わせる感じは出てますな。
ガチなウイスキーだとメシ食いながら飲めないんだけど、これは食中酒として全然イケる。
ガチガチの樽系だと趣味っぽくなるというか、ピン飲みかチョコ&ナッツ程度で和食と合う感じはしないんだけど、コイツの場合はフスマやタタミを思わせる何かを感じるからか、完全に和食と合うのよね。
玄米由来だからなのだろうか?ようわからんな。


これみたいに飯と合う樽系蒸留酒って、焼酎の場合そんなに無いんじゃないかな〜?
結構特徴はあるんだけど、全体的に抑え目の味わいで、意外と汎用性は高いのよね。
やってはいないけど、これは絶対和菓子に合うんじゃないかな?
近々やってみるんで追記する予定。


なんだろうかね?俺の中では凄いインパクトを残しているワケではないのだけど、無くなったらきっとリピートするタイプの焼酎だろうね。
こういうのは常に手元に一本置いときたいです。