あのcongiroが、酒と旅と○○を大いに語る!ブログ!超

酒と旅と散歩とか日々のブログです(毎日更新の毎日更新しないブログ)

瑞泉 青龍 古酒(クース):ニュートラル地点から特徴が各方面にチョイとだけ伸びる的な


沖縄県那覇市の瑞泉酒造株式会社が造る泡盛の古酒ですな。


えーっと、すまん。
感想を書いたメモを紛失してもうた。
なので記憶の範囲でサラッと。

んーと、普通に美味いです。
古酒ならではというわけでも無いだろうけど、麦焼酎(特に初垂れ)の香ばしさに似てるから、そういうのが好きな人には特に向いてるかもしれんね。
チョコ風味が結構あるので、メシ時よりもピン飲みの方が向いてたかな。


口に含んだ瞬間の油感(フーゼル?)があるときは黒麹とタイ米由来の泡盛っぽい甘さがあって、そのあと抜けていくときに香ばし麦系のチョコ風味が漂うってなところですな。
前半の風味が俺の好みで、後半の風味がそんなに好みではないといったところだ。
出来は良いので、この辺は単純に好みですな。
味は強いタイプではなく、そんなに向き不向きのハッキリするものでもないので、「普通に美味しい」という感想になってしまうね。
俺にとっては、「好んでは買わないけど置いてあったら全部飲む」という泡盛ですな。


おわり。