あのcongiroが、酒と旅と○○を大いに語る!ブログ!超

酒と旅と散歩とか日々のブログです(毎日更新の毎日更新しないブログ)

瑞泉 おもろ 十年熟成古酒:高いが素直に良いクース


沖縄の瑞泉酒造が造る古酒(クース)で、四合瓶で3600円くらいもする貴重なヤツですな。
でも、値段が高いのにはワケがあるのよ。


とにかく、これはな、すんげーうまい。



普通の泡盛が平面だとしたらコレは奥行きも感じるっていうかな。
相変わらずよう分からん説明だが、複雑な深みがあんのよ。
もちろん普通の泡盛が悪いんじゃなくて、
10年間+俺んちで4年熟成された重みがあるわけでな。


俺は、米系乙式の度数が高いものはストレートをオススメしたい。
鮮烈だし、より深みがはっきりする。
先に舌先に酸味とピリピリ感が来て、そのあとに泡盛独特の甘みと柔らかいアルコール感がね。
とにかくこの泡盛に言えることは、かなりの悦楽があるよねってこと。
ノドにクるヒリつく焼きつき感が、もうたまらんワケですよ。


ちなみにコレは母からの贈り物。
俺はどんなに美味いとわかっていてもこんな高いのはポリシー的に買えません。
たぶん安いの買って押入れで10年放置しちゃう貧乏性の人情派。


ちなみにな、これに限らず泡盛買うときは売れ残ったやつを買うといいよ。
少しでも熟成してる方が得だからな。(貧乏性)