あのcongiroが、酒と旅と○○を大いに語る!ブログ!超

酒と旅と散歩とか日々のブログです(毎日更新の毎日更新しないブログ)

安い日本酒はまずいのか?前編

【シリーズまとめリンク】
前編(←現在見てるのはこれ)
中編1|中編2|中編3|中編4|中編5
紙パック編|赤ラベル編|青ラベル編|その他編|特別編
総まとめ


※写真と内容は関係ないぞ
スーパーとかディスカウントストアにさ、安い日本酒売ってんじゃん?
地酒売ってる酒屋に行く人が買わなそうなやつ。


あのテの酒って、本格派には一笑に付される存在ではあるけど、本当に価値のない酒なのか?
本当に価値が無いとしたら、なぜスーパーにはずっと置いてあるのか?
それを考えると、もう試すしかないだろ!ってことになってますよ。


ちなみにな、俺が今までマズイと思ったワンカップがあってな。
名前出しちゃうけど大関だ。
これは十数年前に長距離フェリーに乗ったときに飲んだやつだな。
アルコール飲みたいと思ったのに、ビールなど全部売り切れててしょうがなく買ったやつだ。


で、これは十数年前の話。
十数年前といえば、今みたいに地酒がもてはやされる環境ではなかったな。
ここ数年で一気に地酒ブーム(所詮、酒飲みの間でのブームでしかないけど)になったからな。


で、それからかなり経ってるから品質も上がってるんじゃないか?とか思うんだけど、
やっぱりウマイマズイを評すには試してみるしかないわけでね。



なので、候補を挙げて試してみようかと思うワケよ。
んで、候補となる酒はこいつらだ!


【灘・伏見枠】
白鶴酒造
日本盛
宝酒造
辰馬本家酒造(白鹿)
大関
月桂冠
剣菱酒造
西酒造(白雪)
沢の鶴
菊正宗酒造
黄桜


【それ以外】
菊水
他、調査中



う〜ん、ワンカップメインで買うといっても、こんだけあるとかなりの額になるぞ。
スタート前から心が折れそうだ。
実際飲んで評するのはもうちょっと先になるから、ちょっと待っとけや。