あのcongiroが、酒と旅と○○を大いに語る!ブログ!超

酒と旅と散歩とか日々のブログです(毎日更新の毎日更新しないブログ)

百年の孤独 麦焼酎:まぁいいんじゃないの


いわずと知れたプレミア焼酎ですな。
俺が何をか況や系でございます。


百年の孤独は宮崎の黒木本店ってとこが造ってて、
他には『たちばな(芋)』『喜六(芋)』『中々(麦)』などがある。


百年の孤独が有名・プレミアになった背景は、
TVで「皇族御用達」みたいなこと言われてからだと思う。確かそんなんだった。
定価は2750円くらいだったと思うが、あまり詳しくは覚えてない。
量販店で1万越えして置いてあるのはたまに見るね。


飲み屋とかでも見るから「百年の孤独飲んだこと無い!飲みたい!」って人も
もうあまり居ないだろうけど、取り上げたからには説明をせねばならんな。


えーと、俺の印象は、「ちょっと薄めた兼八を木樽に突っ込んだ味」です!
メシ時に飲むものではなくて、夜長にダラダラ飲むものです!
嫌いな味ではありません。
以上。



黒木本店のHPは商品の事が一切書かれなくて徹底している。
書くと問い合わせが多く来てめんどくさいんだろうね。と、想像。



どうしても欲しい人は、たちばな・喜六・中々を扱ってる酒屋を懇意にすれば、
そのうち売ってくれるかもね。




もっと詳しく!


上で「ちょっと薄めた兼八を木樽に突っ込んだ味」って書いたけど、
これじゃぜんぜん分からんね。
麦の風味の強い焼酎をウイスキーっぽくしたもの。くらいに思ってもらえればいいんかな。


「孤独飲むならウイスキー飲んだほうがマシ!」ってよく言われてるんだけど、
これはあまり適切な言葉ではない。孤独とウイスキーはなんとなく似てるけど別物。
ウイスキーは味より香りを楽しむ感じだけど、孤独はウイスキーほど強い香りは無いので、
相対的に味の強さが目立つわけよ。
だから、味+香りを楽しむって感じかもしれない。
興味が無ければ似たようなもんだとは思うけどな。
ただ、ウイスキー愛好家がわざわざこれを選ぶ必要は無いと思うけどね。



プレミアの価値があるかどうかだけど、
俺は基本的に値段より以上の価値のある酒はほとんど無いと思っているので、
これも例外なく2750円くらいの味と思っとります。
これをありがたがる上司にプレゼントするか、
これに興味を持っている人たち集めて飲むのが良いんじゃないでしょうか。
きっと喜ばれますよ!


どうしても買いたい!けど定価出してまで買えない!飲みたい!瓶は要らない!
飲みたいの!どうしても飲みたいの!って言われるレディーは、
同蔵の『中々』を大量に買ってオーク樽に突っ込んでおくといいでしょう。
3年以上経てば、孤独を超える味わいになるかもしれませんよ。知らんけどな!ガハハ


俺は十分うまいと思うけど、木樽熟成なら好み的にも入手難易度的にも他の焼酎を選ぶので、
うまいけど別にイイやっつー感想ですな。