あのcongiroが、酒と旅と○○を大いに語る!ブログ!超

酒と旅と散歩とか日々のブログです(毎日更新の毎日更新しないブログ)

福光屋 酒炭酸 〜熟〜:面白い存在だけど市場的にはどうなんだろ?


前日のヤツと同時に飲んだんだけど、ネタ無いので別の日扱いで。
福光屋のリキュールですな。



これは前日のやつとスペックがちがう。
こんな感じ。

スペックより何より、色が全く違うので『〜粋〜』よりも期待できる。



一口飲んだ印象。
「おもしろい!」


ただし、これは熟成酒飲める俺だからそう思うんであってナ。
とにかく『〜粋〜』とは全然違う。
味の印象は相変わらず薄いのだけど、匂いがまさしく熟成酒のソレ。


これ飲んだ限りで思うのだけど、福光屋の熟成酒はものすごいレベル高いんじゃなかろうか?
それをバランス良く炭酸水で薄めてあるわけよ。


ただこれが一般への(酒門戸広げ)足掛かりになるとは到底思えないけど。
『〜粋〜』は誰でも飲めるんだけど、これは匂いで拒絶って人は居るかもしれない。
味はそんなに感じないのだけどね。単純に匂いだけで好みが分かれるのかな〜。


まぁなんつうか、超濃い高レベルの古酒をかなり薄めた炭酸水なのだけど。
それに反応する人がどれだけ居るんだってことですわな。


しかしね、全量純米の蔵でありつつ、未来のための布石を頑張って打ってる。
そんな福光屋がcongiroさんは大好きなわけですよ。